注文住宅の技拓株式会社

GITAKU BLOG

< 一覧に戻る

薬膳をもっと身近に

少し前のことになってしまいました。

お施主様が、「かんたん薬膳講座」という講座を開かれたので、
わたしも参加してきました。
今回参加させていただいたのは、第一回目の「薬膳茶と薬膳スイーツの会」です。

もともと、お友達が薬膳料理家でもあったので、薬膳が大変身近なものであるということは
知っていましたが、きちんと自分がどのタイプなのか、タイプに合う食材はどんなものなのか、
そういった知識はもっていなかったので、とても楽しく講義を受けることができました。

中医学では、自分の体の中の状態を「気(キ)・血(ケツ)・水(スイ)」に、
体質を分けることができるのだそう。
今回は、それぞれの不調に効く素材などを勉強しながら、八宝茶と薬膳おこしをいただきました。
お肌に潤いを与えてくれる白きくらげの入った八宝茶、とてもおいしかったです。
 

実際に簡単チェックをしてみると、自分の予想とは違うタイプであったりして、
自分自身のことってわかっているようで、知らないんですね。
いい機会になりました。
あと、面白いことを聞きました。
くるみやブロッコリー、カリフラワーなど、形が脳に似ている食物は、
健脳効果があるっていうお話しや、
ゴマやきくらげのように、白と黒では効果が違うこと。
炒ったものと炒ってないものでも効果が違うこと。
クコの実は、食べる目薬といわれるほど、即効性があるなど、
1時間の中でたくさんのことを教えていただきました。

いろいろと今、大変な時期。不安もあるニュースが増えていますが、
やはり自己免疫をあげて、健康に過ごすためには、自分自身の管理が大切ですね。
毎日、きちんとした食事と睡眠と、適度の運動、そして笑顔で乗り切りましょう!

同じカテゴリーの記事