注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

心に余裕をとりもどす時間。

このゴールデンウィーク中、お休みをしていて
自分の中で忘れかけていた大事なことに、気が付きました。
3年前からイベントもスタートし、その分人とのお付き合いも
ぐっと力を入れて、精力的に活動するなかで、
本来の「暮らし」というものを、どこか蔑ろにして居ることに、
知らず知らず気づいていない自分に、ハッとしました。

お付き合いでの外食が増え、夜遅くに帰宅することも多く、
となると、朝も疲れて早起きができない。
掃除も、整理整頓しかしていない家の中。
大好きなモノづくりの時間も、絵を描く時間も減り
気が付けば、心が入っていない暮らしへと変わってしまっていることすら、
私本人が気づけなくなっていたような気がします。
人が来るから掃除をしようとは思っても、もてなしの心や、
普段自分自身が愉しむための暮らし方をしていたのか?
そう考えると、少なくともここ1年、答えはNOです。

休みに入って、じっくり家の中を見渡してみると、どこもかしこも
時間が止まっている。
物も増えたこともあり、飾ることがどんどん足し算になっている。
お庭も手入れが行き届かず、植物の息が上がっている感じ・・・
これは危機的状況です!
ようやく、ハッとさせられたお休みでした。
__ 11188263_894701173909986_3270361566525327453_n
この連休中、まずは鎌倉山の中をウォーキングしまくり、自然に触れ
セカセカして、物事が見えなくなっていた自分をリセットしました。
時間に余裕をもつことの大切さが、どれだけ心を豊かにするかを
忘れているなんて、家づくりをしているのに情けない。。。

もちろんお付き合いも楽しいし、大切です。
でも、暮らすことを大切にしてきた自分が、忘れてはいけないこと。
これは最低限していなくてはね。
「綺麗に見せる掃除ではなく、日々こまめに手を入れること。」
「しっかりと手作りした食事。」
「空間に息吹を吹き込むこと。」
「暮らすことを大事にすること。」
やっているようで、やっていない空間からは、
発想とか空想といった、よいイメージが浮かばなくなる。
そういうもんだと、実感しました。
__ 1
引き算の法則で物を片付け、好きなものをちょこっとだけ。
最後に花や緑を飾って・・・
いつでも飾っていたいから、いつもいつもお花屋さんで買わなくたっていい。
せっかく自然の多い場所に住んでいるのだから、雑草と呼ばれる野草だって
十分可愛く飾ることができます。
__ 4 __ 3
イヌの散歩中に採ってきた、名前もわからない野草です。
花瓶がなくとも、取っておいたかわいい形の瓶や、
普段使いのガラスの食器で十分。

掃除が進んで、楽しくなってきたら、こんなアイデアまで♬
使っていなかったアンティークのバターケースに、
擁壁に咲いていたヒメツルソバを飾ってみました。
__ 2
家に息が吹きこまれると、音楽が聴きたくなって、本が読みたくなる。
居心地がいいと、時間がゆったりと流れていくので、料理も
ちゃんとしたものを作りたくなる。
不思議なものです。
当たり前のようにしていたはずが、気が付けばやっていなかったんですね。

もう一度、足元を見つめ直した私。
「暮らす」を大切に、創造の羽根を広げれば、
心が豊かになる暮らしがありました。

一覧に戻る