注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

ドライウォールだから楽しめること。

ゴールデンウィークが終わってから、バタバタ忙しい毎日を過ごしています。
この週末もお天気に恵まれ、気持ちのいい湘南ですよ。

さて、来週末はいよいよデッキのイベントです。
そちらの仕込みは、そろそろ完了。
あとは、来週急ピッチで設営作業!ギリギリまで調整が続くのでしょう。
工事部、どうぞよろしくお願いします!

私はといえば、5月のイベントの企画・仕込みにメドがついたので、
今度は、6月のイベントに向けての仕込みに伴い、
先どりで自宅を、色で遊んでみました。
_MG_5682
6月のイベントは、「リビングを色で遊ぼう」がテーマ。
今まで、子供部屋やトイレなどの壁を塗ることはありましたが、
大空間のリビングの壁は「白」が基本で、ご提案してきました。
もちろん今でも、基本スタイルは変わっていません。
でも、せっかくドライウォールをお勧めしているので、こんなこともできますよ!
ということも、お見せしたいと技拓は考えています。
ドライウォール工法で水性塗料仕上げにしたからこそ、
色で遊ぶことが、何度でも楽しめることを知って頂ければ!
10171681_621306454612056_6863586394900125051_n 10176050_621306467945388_3734030875997997479_n
私は今回、アメリカのGilddenの塗料を使用。
壁の1面だけ塗ることで、色のコントラストにより奥行き感が出たのと、
どの色を選ぶかで、イメージも変わります。
10348465_622253071184061_5315742296037368297_n
置いてある家具は変わらないのに、リビング全体の印象が
壁の色で変えられるって面白いですよね。
器用な方なら、養生をしっかりすれば、ご自分で塗り替えも可能です。
欧米では、みなさんご自分で模様替えを愉しみますからね。
飽きたらまた白に戻したり、
また違う色に変えたりできるのが、ドライウォールの利点です。
白を十分楽しんだ方、是非、次の楽しみ方を見に来てくださいね。

6月のイベントでは、今度はオフィスの壁が変わります。
こちらでは、ドイツのクレイペイントを使用。
どんな風にオフィスが変化するのか、楽しみですね。
6月のイベントについては、また改めてNEWSで告知しますので、
お見逃しなく!

一覧に戻る