注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

2018 The男の週末

今年も多くの皆様がお越しくださいました。ありがとうございました。

先週、技拓最後のイベント「The 男の週末」が終わりました。
男性が料理をして、女性はゆっくりと過ごす時間、と称して
毎年企画をしております。

会長の白鳥和正がエプロンを付け、自慢のキャップを被り、毎回ダッチオーブンでローストチキンを作っています。BBQ用のグリルに乗せ2時間30分。待っていましたとばかりに皆さんのお箸が伸びます。あっという間にチキンは無くなってしまい、お皿の上はわずかに残る野菜だけ。

ソニィシェフの料理も、毎年腕を振るってくださっています。厳選された原材料に塩、胡椒、オリーブオイルのシンプルな味付けは飽きが来なく、素材の良さを引き立ててくれます。皆様は何が気に入られましたか?

去年、好評いただいた長尾影友さんのフラメンコギターも今年も披露いただきました。生きた演奏を堪能していただけたと思います。ライブは、演奏者の息遣いや、表情が間近に感じられ、お食事をしながら聞き入ってくださっていたように感じていました。

山形県の郷土料理の芋煮を作ってくださった後藤さん。大きなズンドウ鍋で沢山作ってくださって、完食となりました。こちらも味付けは当たり前の調味料で。野菜と牛肉で旨味を引き出した、寒い日に温まるお汁でした。(芋煮の写真がありません。ごめんなさい)後藤さん、普段は鎌倉彫や漆塗りをされる職人さんです。

Nalu naneaさんも毎回参加をしてくださっています。布地の素材の良さと、色彩は変わることなく、流行に翻弄されず筋の通ったお洋服を作っています。この日を楽しみにしてくださっているファンの方もいらっしゃいます。

狭い社内の中、溢れんばかりの人で賑わう事ができ、感謝の気持ちでいっぱいになります。大勢の皆様が来てくださるからこそ、このイベントは笑顔いっぱいな有意義な会となり、「また来年も!」という気持ちにさせてくれます。

どうぞ、また来年お越しください。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

一覧に戻る