注文住宅の技拓株式会社

NEWS

世代を超えて引き継ぐ38年の家

今日はいいお天気!
朝晩は寒いのですが、この湿度のない秋の陽気は、気持ちがいいですね。
さて、昨日お引き渡しが1棟ありましたので、そちらのご報告♪

築38年の技拓のお家の、リフレッシュ工事を承りました。
P9263121 P9263122
主には、
 すべての水回りの総入れ替え
 壁、天井のクロス部分をドライウォールに変更。一部クロスの張替え
 2階の床をジュウタンからフローリングへの変更。
 外壁の痛みの補修
が、主だった工事内容です。
38年間使い続けた水回りは、さすがに痛みも激しく、思い切って壊し、
造り替えました。
P9263118 

P9263124 P9263127

 P9263130
70歳を超えた元オーナー様より、
30代のご夫婦へ所有が移り、
住まい方もインテリアも若い感覚となるでしょう。
P9263129
P9263131
P9263132
これから、少しずつ家具が揃ってくるとのこと。
全部が揃うのは、どうやら来年になりそうです。
東京から湘南へ越す事で、流れる時間が変わりそうです、
とお話くださいました。

ようこそ、湘南へ!

技拓はマンション改装だってやりますよ。

今日は、まるで夕立でも起きそうなくらいムシムシする一日です。
そんな中、現場で職人たちも現場監督も頑張ってくれています。感謝感謝
今日は、技拓のオフィスも玄関前の階段が少し傷んできたので、一部補修のため
張り替えています。

日々通る場所なので、あれ?っと思ったらすぐに手直ししておくことが大切ですね。
皆様もデッキや階段、フェンスなどのグラつきやバウンドなど、「あれ?」と思うことがあれば、
ご相談くださいね。

さて、今日はこれからお引渡しになるマンションリフォームのお話しです。

「新築マンションの無機質な感じを、少しでも手作り感を出したい」
というご要望で、技拓にいらっしゃいました。

システムキッチンのベースはそのままで、
引き出しの前板と扉を、技拓風に建具屋に製作をしてもらい取り付けました。
既存キッチン 既存キッチン

 リフォーム後 キッチン
キッチンカウンターの人工大理石を、タモ集成材に取替えました。
そして、キッチンの壁を、ちょと北欧風に表情のあるタイルを「うま貼り」としました。
だいぶ雰囲気が変わったと思いませんか?

そして、和室の畳を撤去してフローリングに変更。
 既存和室

 リフォーム後 和室
1段高くして尚且つフローリングを45°の斜め貼りにしました。

襖も撤去し、新たにドアを製作。
 既存 襖

 リフォーム後 ドア

このお宅のドアはほとんど全ての入口のドアを撤去して猫ちゃん用の入口を作ってみました。
アーチにして可愛いでしょ?
 猫ちゃん出入り口
そして、1部屋の入口のドアは、WRC(米杉)の横貼りにして
猫ちゃん用の扉もつけてみました。
 WRCの室内ドア
市販のペットドアはプラスティックで、味気ないのでWRCの端材でパタパタ扉をつけました。

既存のフローリングを撤去をすると、
いろいろ問題が生じるため、ここはそのままとしましたが、
全体感を少し白木っぽくしたので
あまり違和感はなく仕上がったと思います。

マンションもちょっとした工夫で、技拓風にアレンジできます。
長年住まわれているマンション、これから中古マンションを購入される方、
このお施主様のように新築マンションをアレンジしたいとお考えの方。
まずは、技拓にご相談ください!

ご連絡お待ちしております♪

デッキがリビングに?!

今日は打って変わって、湿度の高い一日となりました。
そろそろ、カラッと真っ青な空の下、太陽をおもいっきり浴びたーい!
さて、今日はちょっと変わった工事のお話し。
ご主人様のアイデアでこんなものを作ってみました!

20年経ったお宅の、外壁塗装、外構改修工事が終わりました。
2階のデッキに、建築工事としてパーゴラのように格子で組み、
その上にポリカーボネイトを乗せました。


内側より開け閉めができるパネルが取り付けられ、
そこには、ご主人のヨットの経験から生まれた工夫があります。
その工夫は、ご主人の手仕事。
どうロープを張るか、
どういう金物が必要か
これぞ建築と船舶の融合と感じています。

スムースな開閉は、ヨットでの経験があってこそ。
このオーニングテントも、ロープと金物で簡単に仕舞え、
冬にはこのデッキの上部に丸めて収納できるように考えられています。

第二のリビングとして活用され
格子に組んだ骨組みには、ランタンが下がるようになっています。
完成の確認に伺ったとき、ほどよく風も流れ、半分、外に居る感じ。
もちろんちょっと雨が柱を伝わってきたり、
隙間風があったり…ご愛嬌です。

普段は、洗濯物を安心して干せる場所で、尚且つパネルと網戸があるので、
通りから見えにくくなったと、奥様。
焼肉の臭いなど気になる食べ物は、ここで食べるそうですよ。

出来上がって、想像以上に活躍している空間となって
嬉しい限りです。
大変お待たせいたしました。
これからもよろしくお願いいたします!

次回は、マンション改装のお話しです。
お楽しみに♪

増改築の植栽も完成され、いよいよOPEN!

今日は、雨で寒い1日ですね。
早くすっきりと晴れ渡る空の下、愛犬と散歩がしたーい。そんな気分です。

さて、もうじきゴールデンウィークもあるし、皆さんはまた楽しいお休みを
どんな風に過ごされるのでしょうか?
楽しい休暇になるといいですね。

以前、増改築の工事が終わりお引渡ししたY邸のお話しをしたと思いますが、
いよいよ5月にご自宅でパン屋さんをOPENするにあたり、植栽の工事も完成しました。

都筑に新しくできるパン屋さん、5月11日にオープンします!
その前に、植栽が完了いたしましたので、ご紹介しま~す。
before はこちら↓

もともと閉鎖的なお庭でしたが、ご覧の通りかなりオープンなお庭になりました。
お庭も、思い切ってリフォームです!気持ちがいいですね。

after↓

まだ出来立てホヤホヤなので、植物が茂っていないため
涼しげな感じになっていますが、
年を積み重ねる毎に生茂り、鳥達もやってくるでしょう。

お引渡しから、2ケ月が経ち、パンメニューに悩まれ、
毎日試作品を作っては食べ…の日々だったそうです。
ゴールデンウィークは、最後の準備で大忙しかな?頑張ってくださいね。

いよいよ、オープン!
奥様が、強く思い描いていたパン屋さん。
お仕事をしなたら修行を積み、業務用設備業社や
我々との打ち合わせもこなし
本当に、お疲れ様でした。

ご近所の食の生活の一部になってくれることでしょう。
これからですね。応援していますよ。楽しみですねぇ~♪

増改築、大変お待たせしました。

ようやく桜の開花宣言の話題が上るようになり、春の訪れを感じています。
今年の冬は、本当に長く感じました。
今日も、急に北風が入り込んだかと思うと、雨が降り出し、不安定なお天気。
本格的な春が待ち遠しくてたまりませんね。

さて、今日は大変お待たせしてしまったリノベーションのお宅のご紹介。
鵠沼のY邸の物語です。

去年の東日本大震災の直後、まだ世間が
計画邸停電だ
ガソリン不足だ
水不足やトイレットペーパー不足だ
と、世の中の一般生活が不安定の中、来社いただきました。
お客様は、25年前に技拓で家を造っていただきました。
今回のご相談は、お客様のご実家(築45年以上)の改装と耐震補強でした。


亡くなられたお父様が大事にされていた家を壊さず、
新たに甥っ子様家族が加わり住む事になったのです。
お庭には、ハッサク、ゆず、梅、竹の子の収穫もでき、椿や木瓜など季節に応じて花が咲き、
小鳥達もお庭に遊びにやってくるそうです。
お父様、お母様が愛した庭も、若い家族が引き継ぐ事になりました。
この古き良き鵠沼の静かな時間を、継承していかれることでしょう。

内部の仕上げは、お客様がすでに技拓の家に住まわれていたので
理解は早く、大きなご希望だけでお任せいただきました。

インテリアの家具も、ご家族の皆さんの思い出での品々を大事にされていかれるそうです。
 「高い物じゃないんですよ」
とおっしゃいますが、引き出しや扉の細工は、当時の職人の器用さを思わせてくれます。
それを、ご自分達で塗ったり、削ったり、付け直したりと、
もったいない心を大事にされています。


既存の離れの玄関は、野尻湖で作ってもらった建具らしく
捨ててしまうにはもったいないという事が設計も含め意見が合い
今回、室内の間仕切に使うことになりました。


外壁も既存の仕上げを剥がし、チャネルサイディングにしました。

今回も、本当にお世話になりました。
工期が6ケ月かかってしまい、お待たせいたしました。
これからも引き続きよろしくお願いいたします。

私たちは、新築だけでなく、提案型のリフォームにも力を入れています。
是非、ご相談くださいね。

壁塗りにチャレンジ!

昨日の強風は、一日中すごかったですね。
でも、春のように暖かかったので、今日がまた寒く感じてしまいますね。

さて、今日はドライウォーラーと一緒に、鎌倉にある荻野塗料さんに行ってきました。
普段技拓では、ほとんど壁は白を塗りますが、
最近では徐々にアクセントカラーを入れる方も出てきています。
こちらで揃えているアメリカの製品は、おおよそ6000色のバリエーション。

微妙なトーンを表現できることで、
より自分のイメージにあったカラーコーディネートを楽しむことができます。
実際にお店の方でも、800色以上のカラーカードが、お持ち帰り可能だそうです。

で、今回こちらでご紹介するのは、その壁塗りの体験がこちらでできるというお知らせ!

月に2回。定員3名でペイント教室が、なんと無料で受けられます。
実際に、壁塗りを室内の壁を使って体験して、自分で塗ることの楽しさも知っていただきたい
ということが趣旨の教室。

巾木や電気スイッチの養生の仕方や、塗り方を教えてもらえますよ。

また、こちらも月に2回。プラスチック等でできた植木鉢をちょっとおしゃれに見せる手法を
教えてくれる教室もありますよ。
こちらは、材料費として1500円かかります。

いずれも、詳しいことはお店で聞いてほしいのですが、毎週何かしらの教室が
開催されているようなので、是非参加してみてはいかがでしょうか?

また、技拓のお施主様にとっても、大変ためになる教室として、
ドライウォールの補修の仕方を教えてくれる教室も、やっているそうです。

こちらは、予約が入った際に開かれる不定期ということなので、是非お店で確認してみてください。

欧米では、ペイントなどは自分たちで行うことが多いのですが、日本人は失敗を恐れるのか
まだまだ積極的にやられる方が少ないようです。
でも、ちょっとした遊び心をもって、壁を塗り替えてみるのも楽しいのではないでしょうか?

今日、荻野塗料の常務のお話では、
3歳までになるべく多くの色に触れさせることが大切なんだそうです。
微妙なトーンの違いを、見分けられるようになるのは、
この頃までにどれだけの色に触れられたかが、多く影響するんだとか。
最近では、この色の違いを見分けられない子供も増えてきているんですって。
なんでもそうですが、子供のうちにたくさんのことを経験することが大切なんですね。

ご興味のある方は、是非荻野塗料鎌倉大町のお店へお問い合わせください。

荻野塗料株式会社 Paint&Color Plaza
神奈川県鎌倉市大町1-1-15
TEL 0467-22-1456

フルリノベーションをしてみませんか?

10月に入り、朝は少し肌寒さを感じるものの、過ごしやすい毎日ですね。
何よりももっとも寝やすいこの時期は、
いつまでも夢の中で、目覚ましが遠くに聞こえるばかり(笑)
動物たちも明け方には布団に潜り込んでくるので、ついつい温かいベッドから出るのが
惜しくなってしまいます。
ゆっくりと季節が冬へと移行していくこの時期は、何をするにも一番いい季節かも。
私も明日がお引越し。しばらくはレイアウトを楽しむ日々が続きそうです。

さて今日は、そんな気持ちの良いこの時期にお引渡しが終わった
フルリノベーションのお施主様のお宅を、ご紹介させていただきます。
ガラッと雰囲気が変わったお宅をお楽しみください。

築19年の中古住宅を購入され、
フルリノベーションのご依頼をいただきました。

元オーナーさんが綺麗に住まわれていたので
このまま住んでも支障はありませんでした。しかし、
若いご夫婦にとっては、少々色使いが重く
又、水周りの交換時期でもありました。



水周りの設備器具は全て交換。一部位置も変更いたしました。


リビングとダイニングに光が差し込むよう
大胆にも、1階リビングの上の部屋の床を撤去し吹抜けとしたことで、
光が差し込んで明るくなりました。


全ての部屋の床を明るい無垢ナラ材とし、壁天井も白く、綺麗になりました。
建具も全て白にしたことで、若々しくもなり、
広々としたイメージになりました。

ミニチュアダックスのマリアちゃんが、お庭も含め元気に走り回る姿を
想像すると、楽しくなりますね。

フルリノベーションは、工事はとても大変ですが
出来上がった時の、感動は新築以上に感じられます。
あったはずの壁が無くなったり、天井が無くなったり、
色が変わったり、
設備が綺麗になったりと
前の状況を忘れてしまうほど、感動が深いです。

来週から外構工事にも着手する事となり
またガラっと変わります。
お庭造りは、苔丸にお願いすることになりました。
楽しみにしていてください。

孫夫婦と祖母が暮らす家へ

今朝は、積乱雲が出ていたので、どさっと雨でも降るかと
思いましたが、よく晴れて暑いです。
そろそろ、夕方の水やりをしないといけない時間だな。

先日、セカンドハウスの小さな工事の見積もりをするために
現場調査に伺った際、思ったことがありました。
頻繁には、使用されていないセカンドハウスなどの植木は、
特に夏の時期、圧倒的に水不足になります。
技拓で提案させていただいてる植栽の工事などは、こういった場所では
水が少なくても済むような植物をなるべくおすすめしていますが、
それでもここ数年の猛暑で、驚くほど植物に影響が出てしまいます。
こちらのセカンドハウスも、1か月前に剪定と草刈工事に入りましたが、
あっという間に、雑草も伸びるし、水不足で植物が悲鳴をあげていました。

幸いにも、幹から枯れてしまったわけではなかったので、1/3枯れてしまった枝を払落し、
水をたっぷりあげてきましたが、また様子を見に行かないと心配です。

やはり夏の間だけでも、水やりなどお施主様でできない場合は、
技拓に依頼して管理をさせていただいた方がいいなのかぁ~と
感じています。
湘南にセカンドハウスをお持ちでお困りのお施主様は、管理について
お問い合わせをいただければと思います。

さて、今日は、お施主様のご実家の大型リフォームが着手したので、
そのお話し。

築40年以上のこのお宅。
工事が始まり、まずは1期工事として、内装材撤去作業をしています。
40年以上前の家の構造がむき出しとなり、歴史を感じますね。
今回の3.11の地震もあったことから、お施主様は耐震補強を強くご希望され、
この工事で、床下の基礎の補強や、壁、屋根も含めて頑丈な家にしていく予定です。
1期工事中は、まだ一部住居部分におばあ様が住まわれています。
2期工事で引っ越しをしていただて、高齢のおばあ様に負担のかからないよう
速やかに進めていくつもりですが、年末までに完成できるか
現場の努力あるのみかな。
とにかく、頑張ります!!
完成したら、また写真をUPしたいと思いますので、
どうぞお楽しみに♪

———gitaku通信—————-

技拓家づくり相談会のお知らせ

9/17(土)9/18(日) 10:00~16:00 技拓鎌倉山社屋にて
詳しくは、技拓HPをご覧ください。
お電話にて、ご予約の上、お気軽にご来社ください!

「湘南に住もうの会」主催のセミナー

会長 白鳥和正による「湘南の家づくりを考える勉強会」
9/24(土) 13:00~ 技拓鎌倉山社屋にて
こちらも湘南に住もうの会HPをご覧ください。
ご予約のみ。HPのフォーマットよりご予約お待ちしています!

また、こちらのHPのインタビュー[語りで伝えるGITAKUの足跡]
遅ればせながら、VOL.7が更新されましたので、どうぞご覧くださいね♪

時代を重ねて、住まい方も変わる

昨日はあんなに暖かくて、鎌倉山の桜のつぼみも一気に膨らんだのですが、
今日の体感温度は、すっかり冬モード・・・ 余計に寒く感じますね。

今年は、各地でお花見のイベントが中止となっていますが、
オフィスから見える桜並木、今年も静かに花をつけ始めています。

観光地での相次ぐイベント中止は、さらに日本の経済低迷に拍車をかける気もします。

が、あれだけの死者行方不明者が出た今回の震災。
東北の方々を考えると、浮かれている場合ではないし、
そういう気分にもなれないというのも、また日本人の今の素直な気持ちなんだと思います。
本当の意味での「春」が、早く日本に訪れて欲しいですね。

さて、この春の新しい広告写真が決まりました。

築10年のK邸

とても綺麗に住まわれていて、時を経た趣きが出てきました。
撮影の時にも色々なお話をしてくだり、
お施主様とお話をするのは、とても楽しいです。
10年前のデザインですが、古さを感じることなく、とても素敵な広告になりました。
雑誌等で見ていただけると思いますが、今回もとても目を引く広告が出来きました。
地震直後に、撮影にご協力いただいて、改めて御礼申し上げます。

さて、ここ数日。
ご相談が増えているのが、やはり耐震補強について。
今回の地震で、築20年近くのお客様などから、お問い合わせが来ています。

でも、耐震補強だけが理由というわけでなく、家族構成の変化などにより
改装を兼ねて、一緒に耐震補強もしておきたいということが多いようです。
お子様が育たれ、ご両親がご高齢になられたことで、介護も視野に入れた
ご両親との同居型住居へとリフォームされたいというお話や、2世帯住宅を
新築でお建てなられるお話などなど・・・
近年建てられた方々でも、いずれは同居できるようにと、間取り設定される
お施主様も増えています。

世界に先駆けて、超高齢化社会を迎えようとしている日本。
オフィス近辺の鎌倉山や七里ガ浜・片瀬山というった高台にある住宅地も、
やはり高齢化が進んでいるようで、
ご自宅を手放される住民の方も、増えている気がします。

増築や改装工事のご相談もさることながら、
購入された中古住宅のリフォームなど、最近お問い合わせを頂くように
なったのは、やはり時の流れを感じます。
その時々に合わせて、増築したり減築したり、バリアフリーにしたり
一度建てた家を、大事に上手く利用するということも、大切なことですね。

しっかり建てて、長く住めるそんな家づくりを更に目指していきたいなと、
改めて感じています。

湘南の家づくりをサポートします!

昨日の夕焼け見ました?
本当に美しかったですね。まあ、毎日美しいのですが、
あれは16時ごろだったかな?
富士山を覆うように、空全体がピンク色とオレンジ色で素晴らしい光景でした。
そんな時に限って、カメラを持って出かけていない私・・・
ケイタイから撮った冴えない写真しかないので、掲載できなのが残念です。
夜には、パラパラと雪が降るほど気温も下がり、毎晩本当に寒いのがつらいのですが、
朝焼けの美しさと夕焼けの雄大さは、この時期ならでは。
この美しい海岸線を眺めることが出来る環境に、住めることに感謝感謝です。

さて、そんな湘南に移住するという夢は、年々増加傾向にあるようで
たくさんの方々からもそういった声を耳にしてきました。
昔から人気のある地域ではありますが、年々増加の一途を辿っているように感じます。
その湘南に住みたいという欲求を満たすのにかかせないのが、やはり湘南という土地や
生活環境を良く知り、そのうえで住みやすく飽きのこない家づくりをしていくことが、
不可欠ではないかと、私達は考えています。
気候風土を理解し、湘南ならではの住み方を参考にしていただくことで見えてくる、
自分たちの家づくりとういものを、じっくりと考えていただきたいと感じています。
それは、都心から移住された方々は特に、住んでみて気付くことというのを
耳にするからです。

そういったことをじっくり話し合って、快適な家づくりをスタートしていただく機会として
私達は定期相談会と会長白鳥和正のセミナーを開催しています。

技拓で建てるかどうかすらまだ考えていないし、家づくりというもを考え始めたという方には、
「湘南に住もうの会」の湘南の住まいづくりを考える勉強会セミナーに
是非参加してみては如何でしょうか?
じっくりと質疑応答をしながら、家づくりを考えるいいチャンスですよ。
予約は、HP内の【予約フォーム】よりお願いします。

次回は、1/29(土) 13:00より 技拓 鎌倉山オフィスにて

そして、具体的にいよいよ家づくりを考え始めた方、土地選びをされている方、
すでに購入された方、どの建築会社で建てるか絞られてきた方、
そんな方は、是非家づくり定期相談会へご参加ください!
今年はフラット35S1%金利優遇が最後の年になります。
最終的には、銀行ローンに比べて相当額の差が出ることでも、駆け込み需要も増えています。
今年は、家を建てたい方にはベストな年かもしれませんね。
我々は土地探しや、フラット35のお手続きのお手伝いなど
色々とお客様のサポートをさせていただいておりますので、是非ご相談ください。

また、新築ではなくリフォームで、新たな空間を実現させたいとお考えの方!
前回のブログのように、
技拓と一緒にリノベーションしてみませんか?
リフォーム施工例は、HP内のreHOMEでも御覧になれますので、
是非ご検討くださいね♪

家づくり定期相談会のお知らせ

1/15(土) 1/16(日) 
10:00~16:00 
技拓 鎌倉山オフィスにて

詳しくは、HPをご参照ください。
※一部時間帯は、すでにご予約が入っておりますので、かならずお電話にてご予約の上、
 ご来社頂けます様宜しくお願いします。

今年も出会いを大切に、素敵な家づくりを目指していきたいと思います。

皆様のご参加、スタッフ一同、心よりお待ちしております。