注文住宅の技拓株式会社

NEWS

お施主様ブログの更新

9月に入って、まだまだ暑い日が続きますが
空がだんだんと高くなってきました。少しずつ、秋を感じることが増えてきています。
学校も始まり、街中や海岸線も落ち着きを取り戻し始めていますね。
今朝、葉山に向かう海岸線で、海の家の解体作業を目にして
「夏が終わるんだな」と、実感しました。

さて、今日は久しぶりの「湘南に家を建てる」の旦那様のブログが更新されていますので、
お知らせします。
土地のお話が途中になっていましたね。4ヶ月ぶりだそうで、
ほんと毎日、お忙しい日々を過ごされているようです。
今回のブログは「通ってしまって・・・」です。

お家を作るって、それぞれの家族でいろんなドラマがあるんだなと
改めて感じさせられたお話でした。
是非、御覧になってください♪

米杉の外部階段

今日で8月も終わりだからなのか、明日から学校が始まるからなのか
なんとなく、海岸線の人出が少ないように感じた午前中。
湘南のシーズンは、ピークが過ぎました。
また、静かな海に戻れば、ゆっくりと犬の散歩を楽しめる地元の海に。

と言っても、今年は9月に入っても猛暑が続くということで、
そろそろ疲れの方は、ピークに来る頃ですね。
暑さだけでなく、冷房による体の冷えいわゆる「夏冷え」により、内臓も疲れきっていることと思います。
今朝、テレビで薬膳のことをやっていたのですが、
甘い食材は胃に優しいということで、栗やかぼちゃ・サツマイモなどの食材を混ぜた
元気を補う食材で食事を摂り、体を整える努力をしたいものですね。

さて、今日は前回に引き続き、ちょっとメンテナンスのお話です。
お客様には米杉で作ったデッキや外部階段等は、
コストが手頃なかわりに約10年を目安にお考え下さいと
お伝えしています。
ただ環境によっては5年~7年ほどでダメになってしまうケースもあります。
今、スタッフがお施主様のお宅を順次訪問し、デッキのメンテナンスなどについて
お話させていただいていますが、
米杉のデッキ、米杉の構造で作った外部階段は
早めの改修を心がけてくださいね。

たとえば見た目は、「まだ大丈夫」と思っても

案外、主要構造部(階段の骨組み)の痛みが進んでいる場合があります。

特に、家への導線の重要な場所は
ある日突然、階段の段板が乗った瞬間に脱落する可能性があります。
お施主様が直せる範囲と
大々的に、大工によって直さないといけない範囲とあります。

日ごろから、痛み具合などをチャックして
早めの対応を宜しくお願いします。
前兆として、足を乗せたときに軽いぐらつきというかバウンド
を感じる等の兆候があるはずです。
これは、段を受けた下地が痛んでいる可能性がありますので、
この時点でメンテを行えば、怪我などに繋がる心配がありませんね。
まずは、作って5年したら段板(足を乗せる部分)を裏返すなどのメンテを行い、
下地の痛み具合を確認するのもいいかもしれませんね。

もちろんデッキに使う材料は、色々あります。
イペ・ジャラ・セランガンバツなど材料もさまざま。そのかわり、お値段ももちろんさまざま。
どれを選ぶかは、予算や今後の計画などを考えて、決めていきたいところですので、
まずは、スタッフにご相談くださいね。

米杉の外壁の大切なお話

水筒を購入してからというもの、この夏、梅シロップを水で割って
持ち歩いています。

THEMOSのこのスリムな水筒。大変重宝しています。
水筒の便利さを知ると、もう手放せないですね。
いつでも、冷たい水分が補給できるし、外出時にペットボトルを買う必要もない。
スタバでも、ショートサイズならこの水筒にも入るし、なんてったてスリムで持ち運びに
面倒じゃない。
エコで節約で、好きなものがいつでも飲めるというわけですね。

さて今回のお話は、メンテナンスのお話です。
先日技拓のお客様より、このような相談を受けました。

近所の塗装工事に入っていた業者の方から、
「奥さん、お宅の木の外壁、このままにしておくと腐って大変な事になりますよ」などと・・・
塗装をしないなんて「非常識」であるかのような内容。
専門用語や、不安になることを羅列し、
技拓では大丈夫って言ってたけど、なんだか不安だわ。
本当に大丈夫ですか?

もしもそんな事を言われ、不安を感じたら
まずは、その場では即答せずに、お断りくださいね。
そして、不安はそのままにせずに、技拓にお話ください。

外回りの塗装業者の中には、常識的にお仕事をされている業者は
たくさんいます。
でも中には、いわゆる「悪徳」と言われる業者がいるのもまた事実です。
我々は、ご相談を受けたからといって、無用な塗装などはお勧めしません。

外回りの塗装業者によって着色をしたが、適正な塗料でなかったため、
5年ほどでこのような状態になってしまったケース。

外壁の表面の塗装も剥がすも、米杉自体の腐れを促してしまい、米杉を交換しなければ
いけなくなりました。
木が呼吸が出来ずに、腐ってしまったのです。
そのため、米杉を交換し、再度オイルステインで塗装しました。

全ての外回りの塗装業者を「悪」として見てはほしくないのです。
が、私たちは、米杉の外壁を長く愛し、自信を持ってお客様へお勧めしていますから、
どうぞ安心してください。
「無塗装の米杉の外壁」の家は、技拓第1号の家として、
35年間健在の建物があります。
時に、塗装をされたお宅もありますが、
枯れた色があまりお好きでないとか、ちょっと家に色で変化をつけたいとか、
そのような理由で、着色をされています。
ですから、着色が悪いわけではないということです。

但し、外壁の脱落や、腐れを発見したときには、その部分の交換が必要です。
木というものは、腐らない訳ではないので、塗装とは別の理由で、
痛んでくることもあるからです。
そのような場合は、そのまま放置せずに、ご連絡くださいね。

技拓の家で、白と木のコンビネーションで施工をされた方は、
白い部分を指で擦ってみて、指先に白い粉状がついたら、塗装の時期。
そろそろ外壁の塗装をお考え下さい。
併せて、屋根のコロニアルや、板金葺きの屋根、または外部の鉄製の手すりや、
工作物で錆がでてきたら、そちらも塗装の時期になります。
不安を感じたら、まずご相談くださいね。

家は、メンテナンスが必須です。
メンテナンスフリーの家は、ありえません。
「おかしいな」と思ったら、酷くなる前にまずはご相談を。
費用がかかりすぎるまたは、手遅れになる前に発見して、直すことが大切です。
お施主様に、無用な工事をお勧めすることも無いので、なんでもご相談いただければと思います。
どうぞ、家を長持ちさせる上手な住まいを続けてくださいね。

では、次回もお楽しみに♪

林業と都会を結ぶ活動

今年は残暑も厳しいようで、9月10月も例年より気温の高い予想が出ています。
世界各国で、熱波の影響により洪水や火事やら、作物への影響が深刻ですよね。
確実に自然環境が変わりつつあるということなのですが、
温暖化現象をくい止めるための手段として、CO2の削減が謳われるものの
連日も猛暑では、熱中症の方が心配ということで、ニュースなどでも
我慢せずにエアコンを昼夜問わず使用するなどの、メッセージが流れています。

私だって、今年のエアコン使用度はグッと高くなってしまいました。
でも、無理をすると本当に突然めまいに襲われたり、気持ちが悪くなったりするから怖いですよね・・・
動物だって、今年は熱中症で病院に運ばれてくるケースが多いとか・・・

そんな酷暑の今年ですが、先日ある雑誌の対談で
芳村真理さんに来社いただきました。

内容については、雑誌発行の際にまたお話しますが、
そのときにちょっと興味深いお話があったのが、「MORIMORIネットワーク」というNPO
の副代表理事をされているということです。
このNPOの活動は、1996年からされているそうで、
林業に携わる女性と都会で仕事をしている女性たちのネットワーク。
山村と都会の暮らしを結び、森の大切さや木々の大切さを
次世代に伝える活動をされているとのこと。
もちろん女性だけの組織ではなく、参加メンバーにも男性がいますし、企業、林業組合、行政など
さまざまな方々が参加されているそうです。
今週末も、『水郷・日田を訪ねる – 森と水と歴史の町を歩く』ツアーを組み、
大分県日田市に行かれるそうです。

もちろん都内などでもセミナーなどがあったりするそうで、
こういう活動に参加することにより、森について知る機会が出来るといいですよね。

里山といえば、私の中でイメージするのは、「となりのトトロ」の舞台のイメージ。
昔は、集落のすぐそばに里山があって、人と動物、植物が共存していたわけで
そんな暮らしにまた少しだけ戻ってみてもいいんじゃないかと感じる今日この頃。

私の友人夫婦も自給自足の生活のため、岐阜県に引っ越しました。
周りの農家の方々に支えられ、エコロジーな生活に取り組んでいます。
イトコもまた静岡で、無農薬のお米を作って、シンプルな生活を実践中。
他の友人宅も湘南から離れ、森に囲まれた生活を満喫していたり、
みんな自然を求めて、シンプルな生活を楽しんでいます。

街中にいる子供たちは、本当に自然に触れる機会が減ってきていて、
幼少期の貴重な体験を、日常で出来なくなっているのが残念に感じます。
近年、砂遊びセットなんていう物が売りに出されていることじたいに驚きです。

このMORIMORIネットワークでは、「子ども森のガイドブック」という冊子を3部出しています。

森を歩いて知るためのガイドや、遊び方やツリーハウスなどについて
子供たちに分かりやすいように、説明されています。

こういった取り組みをもっともっと広くやっていただけたら、子供だけでなく
都会に住む大人たちにも楽しく参加でき、
さらには日本の林業の活性化に繋がればいいなぁと感じました。
私達人間は、自然に生かされている動物の一員として、
やはり地球を守っていける取り組みを、どんどん広げていかなくてはならないと
改めて感じるお話でした。

フラット35S優遇金利延長へ

ここ数日、気温が30度あたりでしたので、何だか涼しくすら感じますね。
夜になると、北東の風でしょうか?
夜風に、少し秋の気配を感じるようにも思います。
暦では既に立秋も過ぎ、気がつけば8月ももう後半へ差し掛かっています。
そろそろ、夏の疲れが出てくることです。今から、体調を整える準備をしていきたいですね。

さて、数日前の新聞にも出ていましたが、
国土交通省が、住宅金融支援機構が扱っている住宅ローン「フラット35S」の金利優遇の
拡大措置の期限を、今年末から来年度末まで延長する方針を発表しましたね。

今、徐々にフラット35をお使いになる方が増えてきています。
特に、自営業をされていらっしゃる方にとって、心強い味方となる住宅ローン。
フラット35より1%幅引き下げる優遇策により、景気対策と優良住宅の普及を狙うためです。

省エネ性能や耐震性、バリアフリーなどの基準を満たす優良住宅であれば、
「35」の基準金利から1%幅低い金利で借りられるということで、注目を集めています。
今年2月から7月までの申請件数は、5万5422件ということで、前年同期の約4.7倍に
増加したそうです。
ここのところ、ニュースなどでも聞くように、景気減速感の強まりにより、年末打ち切りは、景気回復
にも大きな打撃になるのでは?ということで、方針が固まったようです。

「35S」は、全国の金融機関で扱っており、ローンの債権を支援機構が買い取るシステム。
基準となる「35」の8月の金利は、2.230~3.2%で、「35S」はこれより1%幅低い
金利で借りられるため、返済総額に大きな差がでるこの優遇措置の間に、
家づくりを考えられる方が増えているようですね。

今、技拓でも35Sの申請を受けたいとおっしゃるお客様も徐々に出てきました。
私達は、住まい’S DEPOまたは、ハウスデポなどの家づくり支援機関にも
加盟していますので、そういったサポートも充実させながら、
安心した家づくりをご提供できると思いますので、是非ご検討くださいね。

さて、今日と明日は家づくり相談会を開催中です。
ご興味のある方は、是非ご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます!

通常業務再開です。

毎日、お天気が続いています。というより、例年にないほどの暑さが続いています。か・・・

何度も言ってしまいますが、今年は暑い!
熱中症にならないように、日中は静かにしていないとという感じですね。
夏休みの真ん中に、オリーブが心配になり水遣りにきたのですが、後1日遅かったら危なかったぁ~
水不足で、実がシワシワになっていました。
その水遣りの最中、しばらく閉め切ってあったオフィス内も暑さがこもっていたせいか、
窓を開けたにもかかわらず30分ほどで、
一緒についてきた愛犬も軽い熱中症にかかってしまいました×××
植物にも動物にも、ちょっと今年の夏は過酷な暑さのようですね。
皆様も十分な水分補給を心がけてくださいね。

さて、技拓も夏休みが終わりました。
長いお休みを頂きまして、ご迷惑をおかけしましたm(u_u)m
それぞれ、思い思いの夏休みを過ごしたようで、今日はスタッフはりきってお仕事です。
現場も大汗をかいて、みんな頑張ってくれています。

休み前の話ですが、毎年恒例の業者さん慰労会のBBQを行いました。
連日猛暑とニュースでも言われている最中、雨男スタッフのおかげ(?!)か、
当日は、雨がちょっぴりぱらつくほどのお天気で、
かえってBBQ日和な1日となりました。


だいたいいつも、30人くらいで夜まで賑わいます。
暑い夏の現場で頑張ってもらっている分、冷たい生ビールが全部飲み干されました♪

これからまだまだ、暑い日が続きます。
各現場、事故のないよう最後まで完成させたいと思います。

さあ、今週末は家づくり相談会の開催です。
来週の28日には、会長主催の「湘南に住もうの会」の家づくり勉強会も開催されます。
こちらもあわせてお知らせしますので、是非ご興味のある方は、
ご参加なさってくださいね。

技拓 家づくり相談会のお知らせ

8/21(土) 8/22(日) 10:00AM~16:00PM 技拓鎌倉山オフィスにて・・・

技拓で家を建てたいとお考えになっていらっしゃる方、是非お話を伺わせてください。
土地探しのお手伝いや改装のご相談なども承りますので、お気軽にご予約くださいね。

湘南に住もうの会 湘南の家づくりを考える勉強会

8/28(土) 13:00~ 場所:片瀬山パーチェ
詳しくは「湘南に住もうの会」HPにて(ご予約もHPより出来ます)

双方とも、ご予約お待ちしております♪

久々のお施主様ブログ

昨日のデッキの掃除に続き、今日は痛んだスノコの交換などをしました。

それにしても、暑いのなんのって。
いったん部屋で涼んでしまうと、なかなか外に出るのはいやになるもんですね。
この温度差がまた、体を疲れさせるのでこまったものです。

さて、こんな暑い中ですが、ブログを書いてくださっているお施主様の現場も着々と進んでいます。
もう9月には、お引越しが待っていて楽しみですね♪

そして、久々に奥様ブログが更新されています。
どうやら、ご主人様がお忙しそうで、ゆっくりとブログを更新している暇がないんだとか・・・
大変ですね(汗)
今回のタイトルは、「久しぶりに」でした。
是非、引き続きブログをお楽しみください。

夏の恒例行事

昨日の夜は、寝苦しいほど暑かったように思います。
特に私の寝室は、東を向いているので、この時期はお日様が昇れば
一気に室内の温度が上昇です。

さて、こんな暑い毎日。
毎年、業者さんの慰労会としてBBQを催していますが、今年は今週末。
ならばその前に、今日は一仕事!
オフィスにあるデッキの大掃除です。

ポリッシャーを使って、1年分の汚れや苔などを落とします。
すると、色も綺麗になるし、デッキを長くもたせる秘訣。
気持ちよくBBQパーティーが出来るので、毎年慰労会の前に
お掃除をしています。

そして、もうすぐ夏休み。
慰労会が終わったら、夏休みに入る前に、フローリングのクリーニングが待ってるぞ。
オスモのウォッシュ&ケアで、床の汚れも綺麗に取って
また、盆明けから頑張るのです(笑)

技拓の夏休みは、8/10(火)~8/18(水)とさせていただきますので、
どうぞ宜しくお願いします。

大漁!

いやいやいや・・・
もう8月に入りましたね。
なんとまあ、7月の1ヶ月間が早かったこと。。。
駆け抜けるように、過ぎてしまいました。
もうすぐ、会社も夏休みになります。
休みに入る前に、やらなければならないことって意外と多いんです。
これから夏休みまで、現場も事務所も忙しいぞ!

今日も、夕方から地鎮祭が執り行なわれます。
暑い中、お施主様もいよいよ現場がスタートですね♪

さて、昼食をとっていると、思わぬご馳走が届きました。
業者さんが、今朝取れたばかりの生シラスを大量に持ってきてくれました。

ちょうど食事中だったので、まずは生シラスを頂いたのですが、
あまりに量が多いので、食事を早々に済ませて、釜揚げシラスを作りました。
明日はスタッフみんなで、シラスをたっぷりご飯にかけて食べるつもりです。

美味しい差し入れをありがとうございました♪

—-gitaku通信—-

夏休みのお知らせです。
技拓では、ちょっぴり長めの夏休みを頂いています。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いします。

また、8月の家づくり相談会のご予約も、お早めにご連絡頂けますと助かります。

  夏休み  8月10日(水)~8月18日(水)

第2回目セミナー開催のお知らせ

午後になって雨も上がると、蒸し暑さが戻ってきました。
しかし、太陽が出ているってやっぱり気持ちがいいものですね。
明日からまたお天気が続くようで、今週末の湘南も大勢の海水浴で賑わうことでしょう。

昨日のセミも、夕方にはすっかりセミらしい色になっていました。
色が変わるところをじっくり観察してみたかったです。

さて、技拓の会長が開いています「湘南の家づくりを考える勉強会」の第1回目のセミナーが
7/24(土)無事に終わりました。

当初2時間の予定でしたが、質問が多く3時間くらいのセミナーとなりました。

「技拓で家を建てる」ということは、ひとまず横に置いておき、
湘南の気候風土に合う家づくりとは?というテーマについて、話し合えるいい機会だと思います。
技拓の家づくり相談会となると、具体的な計画がないとなかなか足が向きませんよね?

でも、いつか将来的に新築を考えようかな?という方、またどの会社で作るかまだ決めていない
という方でも、気軽に参加できるセミナーです。
是非、月1度開催されますセミナーに参加してみませんか?

8月 セミナーのお知らせはこちら↓

8月28日(土) 13:00pm~  場所は前回と同じ 「片瀬山パーチェ」
詳しくは、「湘南に住もう」の会 HPを御覧下さい。
なお、ご質問やご予約も、本会のHPにて受付していますとのこと。

もし、直接のご質問をなさりたい場合は、技拓までお問い合わせいただいてもかまいません。
その際は、「湘南に住もうの会 セミナーについて」とおっしゃってください。
宜しくお願いいたします。