注文住宅の技拓株式会社

NEWS

玄関ドアのリフレッシュ工事

8月に入りましたね。
昨日は定休日だったので、自宅の伸びきった草刈りや掃き掃除などに追われた1日。
夏は頻繁に草刈りをしないと、あっという間に伸びてしまうし、
虫たちも増えてきます。
鎌倉山は、緑が多い分もちろん虫も多い。
家の中に、ゲジゲジやヤスデやムカデ、ダンゴ虫まで入ってくることもあります。
そんなわけで、お休みの日は結構やることがいっぱい!
やはり家と言いうのは、いつも手をかけてあげないといけないものですね。

というわけで、今日は玄関ドアをリメイクされたお施主様のお話し。

27年前から、一度も玄関ドアのメンテナンスをされていなく
今回、家中の照明器具をすべてLEDにすることの工事をいただき、
加えて玄関ドアのリフレッシュ工事もいたしました。
取り替えるには、まだ素材がしっかりしていますが、汚れと変色が強く残ってしまったので
薬を入れて洗浄し、サンディングで表面の痛みを削り取り、
再度、オイルフィニッシュを塗布しました。
ドア下の板の痛みがひどいので、ステンレスでケコミ板をつけてみました。
時に、ここを銅板でケコミ板を付ける事もあります。


もう一度、綺麗な状態に生まれ変わりました。
素敵でしょ?!

年数の経ったお家は、顔となる部分をちょっと綺麗にしてあげることで、
建物がイキイキしてくるから、不思議ですね。
経年変化で楽しむところ、リフレッシュ工事できれいにするところ、
メリハリをつけてあげると、家と言うものは、また違った味わいを見せてくれるものです。
ちょっと、雰囲気を変えたい!と思っているお施主様、是非ご相談ください。