注文住宅の技拓株式会社

NEWS

根っこをやられました・・・

毎日いいお天気で、気持ちがいいですが、少し空気が乾燥しています。
そろそろクリームをしっかりつけないと、顔も手もカサカサしてきました。
久しぶりに、ブルガリアンローズのクリームでも作ろうかなと考えています。

さて、先日レザルクの牛山社長が来社され、美味しいオリーブの新漬けを
持って来てくださいました♪

今年も牛山オリーブは、出来がいい!!
でも、去年より収穫が少なかったそうです。といっても、ご自宅で49キロも収穫したのだから
すごいですけどね。
牛山さんのオリーブは、雑誌ミセスでも紹介され、レザルクが入っている新宿のオゾンでも
すっかり有名らしく、今度オゾンで講義もあるんだとか。。。すごいですね。

で、オフィスになるオリーブも見ていただきました。
アメリカーンの見事な成長振りに、ほんと喜んでくださった一方、
チプレッシーノの様子がおかしいと教えていただきました。
たぶん、根っこを虫にやられているようだから、この時期は危険なんだけど
土を新しくして幼虫を取り出してくださいと、言われました。
以前、ピクアールがやはりコガネムシの幼虫に根っこをとことん食べられて
瀕死の状態になってしまったので、これは早急にやらねばと
今日幼虫を除去しました。

根っこはまだだいぶ残っていたので、少し安心しましたが
コガネムシの幼虫が20匹!!
卵を植え付けられると、1回に10匹は孵化しているそうです。
だから、1匹見つけたらあと9匹は必ずいると思っていいそうです。

1匹でも土に残ってしまえば、根っこを食い尽くされるだけでなく
成虫になってしまえば、また同じ土に戻って卵を産み付けてしまうそうです。
冬に植え替えは、本来ご法度なんだそうですが、
仕方がない。
来年どうか美味しい実をつけて欲しいです。
根っこを定着させるために必要なエネルギーを確保するため、残念ですが
思い切って剪定をしました。
これは、苗木用の培養土を買ってきて、挿し木で育てます。1本でも成功するといいんだけど・・・

チプレッシーノの実は、大きくて噛むと油がジュワッと口の中に広がり
とても美味しいオリーブ。
是非とも生き延びて、来年大きくなってほしいものです。

何はともあれ、今年も美味しい新漬けをありがとうございました♪