注文住宅の技拓株式会社

NEWS

「リデュース」「リユース」「リサイクル」のお話し。

今日も朝から気持ちがいいお天気。
こう気持ちがいいと、目覚めもいいし、朝っぱらから元気が湧いてきますね。
今は、暦でいうと寒露。
露が冷たく感じられてくるころのことを指します。
空気が澄み、夜空にさえざえと月が明るむ季節をいいます。

過ごしやすいので、仕事も集中できるし、やりたいこともいっぱい出てきますね。
個人的なお話しでは、この時期は冬用の石けんを仕込み始めるのにいい季節。
せっせとお休みを利用して、色々な石けんを作りたくなるのです。

お肌のことを考えて、どのオイルを使ってしっとりにしようか、香りはどうしようかを考えるのが
本当に楽しいひと時です。
こうした石けん作りが趣味なので、いつも家にはオイルが何種類もあるのですが、
どうしても中には賞味期限が切れたものも出てきてしまいます。
こちらはこちらで、賞味期限切れのオイルだけを集めた石鹸を作ります。
主に食器洗いや洗濯、掃除に使用する石けんとして、我が家で大活躍です。
中には、廃油も混ぜて作ることもあり、なるべくごみを出さない努力をしています。

さて、もう一つ生活の知恵として、活躍してくれるのが日本てぬぐい。
私はここ10年ほど日本手拭いを愛用しておりますが、
初めて買った手拭いをまだ一枚も捨てていません。
とにかく丈夫なため、用途を変えてリユースしているのです。

基本的には、キッチンで手拭きとして使い色が褪せてくれば、刺し子をして台ふきんへ変身。
汚れてくれば、今度は雑巾になるので、10年経ってもまだまだ十分使えるのです。
先日もダスターが雑巾へまわったので、新しく刺し子をしました。
刺し子は糸の色を変えたりと楽しみつつ、布をより丈夫にしてくれるので、一石二鳥。

暮らしのちょっとしたアイデアで、物を長くもたせるリデュースにつなげる試みです。
ちょっとそんなお話を、茅ヶ崎の地元情報誌「TOWNY」にも書かせて頂きました。

もしご興味のある方は、コラム「MY LIFE」をご覧くださいね。

もちろん技拓でも、リユースの取り組みをしています。
それが「HAZAI PROJECT]

今回は、まだ使える物を少しずつ倉庫に集めておいたデッキ材。
デッキ交換工事などで出たウェスタンレッドシダー材(米杉)を、
腐った部分を落とし、綺麗に高圧洗浄して、
今回は店舗改装工事でリユースされます。
古材風に活用されるのです。

技拓の会社理念である「時を経てさらに趣のでる家づくり」は、リデゥースの試みだと
私たちは感じています。
建築も、そしてそこにある生活そのものも、意識することが大切ですね。
「リデュース」「リユース」「リサイクル」ですね。
楽しみながら、しかも素敵なライフスタイルを提案し続けたいと思います。