注文住宅の技拓株式会社

NEWS

年末の大掃除のポイント

年の瀬を迎え、仕事に追われる日々だったので、
ブログもちょっとご無沙汰になってしまいました。
皆様は、素敵なクリスマスを過ごされましたか?
一部の地域では、ホワイトクリスマスになったところもあったようで、
本当に寒い日々が続いていますね。

もうじき冬休みになる!と思うと、1年の疲れが出てきて、体調を崩される方も
多いのではないでしょうか?
最近では、やたらとノロウィルスのニュースを聞くことも多く、年末年始を無事に楽しく過ごせるよう
皆様も十分気をつけてくださいね。

12/30は小晦日(こつごもり)、31日は大晦日(おおつごもり)という呼び方があるそうで、つごもりとは、
月が隠れる、月籠りのことなんだそうです。
ちなみに29日は「苦」を連想させるため、大掃除は29日までに済ませることとされていました。
私も頑張って、29日までに済ませたいものです。


そこで、皆様には大掃除に是非、フローリングのケアとして「オスモ ウォッシュ&ケア」を
使っていただきたいと思います。(※オスモワックスをされているお家について)
オスモワックスは1回塗りで5年、2度塗りで10年もつと言われていますが、日々の汚れは
やはり拭き掃除が大切です。
本当は、月に1回は使用して頂けるといいのですが、せめて年に2回は、ウォッシュ&ケアをお水に
混ぜて雑巾がけをしてみてください。
特に、お子様やペットのいるご家庭では、フローリングが汚れがちです。
私は月に1度は、雑巾がけをしているのですが、本当にきれいになるし、ワックスのもちもよくなると
思いますよ。

私たちスタッフも、明日は全員で大掃除。
網戸もすべて外して、台風の塩害による錆防止のため水洗いです。
アンダーセンの網戸はステンレスで出来ています。
放っておくと、ぼろぼろになって洗うと穴が空いてしまうこともあるので、やはりこちらもこまめに
水洗いしてくださいね。

ちょっと時間的余裕があれば、はやりデッキの高圧洗浄もしたいところ。

たとえばケルヒャーのような高圧洗浄機を、1台持っておかれると
とっても便利ですよ。デッキのスノコも掃除をしてあげることにより、長持ちさせることが出来ます。

スノコの下にも詰まっている落ち葉があったら取り除き、DIYがお好きなご主人様なら
表面が傷んできたスノコは、ひっくり返してみてもいいかもしれませんね。
窓を磨いて、サッシ枠の汚れを落とし、気持ちのいい新年を迎えられるよう
私たちも明日の仕事納めには、いつも使っているオフィスを綺麗にしてあげたいと思います。

大掃除がまだの方、是非頑張って29日までに終わらせちゃいましょう!

玄関ドアのリフレッシュ工事

8月に入りましたね。
昨日は定休日だったので、自宅の伸びきった草刈りや掃き掃除などに追われた1日。
夏は頻繁に草刈りをしないと、あっという間に伸びてしまうし、
虫たちも増えてきます。
鎌倉山は、緑が多い分もちろん虫も多い。
家の中に、ゲジゲジやヤスデやムカデ、ダンゴ虫まで入ってくることもあります。
そんなわけで、お休みの日は結構やることがいっぱい!
やはり家と言いうのは、いつも手をかけてあげないといけないものですね。

というわけで、今日は玄関ドアをリメイクされたお施主様のお話し。

27年前から、一度も玄関ドアのメンテナンスをされていなく
今回、家中の照明器具をすべてLEDにすることの工事をいただき、
加えて玄関ドアのリフレッシュ工事もいたしました。
取り替えるには、まだ素材がしっかりしていますが、汚れと変色が強く残ってしまったので
薬を入れて洗浄し、サンディングで表面の痛みを削り取り、
再度、オイルフィニッシュを塗布しました。
ドア下の板の痛みがひどいので、ステンレスでケコミ板をつけてみました。
時に、ここを銅板でケコミ板を付ける事もあります。


もう一度、綺麗な状態に生まれ変わりました。
素敵でしょ?!

年数の経ったお家は、顔となる部分をちょっと綺麗にしてあげることで、
建物がイキイキしてくるから、不思議ですね。
経年変化で楽しむところ、リフレッシュ工事できれいにするところ、
メリハリをつけてあげると、家と言うものは、また違った味わいを見せてくれるものです。
ちょっと、雰囲気を変えたい!と思っているお施主様、是非ご相談ください。

壁塗りにチャレンジ!

昨日の強風は、一日中すごかったですね。
でも、春のように暖かかったので、今日がまた寒く感じてしまいますね。

さて、今日はドライウォーラーと一緒に、鎌倉にある荻野塗料さんに行ってきました。
普段技拓では、ほとんど壁は白を塗りますが、
最近では徐々にアクセントカラーを入れる方も出てきています。
こちらで揃えているアメリカの製品は、おおよそ6000色のバリエーション。

微妙なトーンを表現できることで、
より自分のイメージにあったカラーコーディネートを楽しむことができます。
実際にお店の方でも、800色以上のカラーカードが、お持ち帰り可能だそうです。

で、今回こちらでご紹介するのは、その壁塗りの体験がこちらでできるというお知らせ!

月に2回。定員3名でペイント教室が、なんと無料で受けられます。
実際に、壁塗りを室内の壁を使って体験して、自分で塗ることの楽しさも知っていただきたい
ということが趣旨の教室。

巾木や電気スイッチの養生の仕方や、塗り方を教えてもらえますよ。

また、こちらも月に2回。プラスチック等でできた植木鉢をちょっとおしゃれに見せる手法を
教えてくれる教室もありますよ。
こちらは、材料費として1500円かかります。

いずれも、詳しいことはお店で聞いてほしいのですが、毎週何かしらの教室が
開催されているようなので、是非参加してみてはいかがでしょうか?

また、技拓のお施主様にとっても、大変ためになる教室として、
ドライウォールの補修の仕方を教えてくれる教室も、やっているそうです。

こちらは、予約が入った際に開かれる不定期ということなので、是非お店で確認してみてください。

欧米では、ペイントなどは自分たちで行うことが多いのですが、日本人は失敗を恐れるのか
まだまだ積極的にやられる方が少ないようです。
でも、ちょっとした遊び心をもって、壁を塗り替えてみるのも楽しいのではないでしょうか?

今日、荻野塗料の常務のお話では、
3歳までになるべく多くの色に触れさせることが大切なんだそうです。
微妙なトーンの違いを、見分けられるようになるのは、
この頃までにどれだけの色に触れられたかが、多く影響するんだとか。
最近では、この色の違いを見分けられない子供も増えてきているんですって。
なんでもそうですが、子供のうちにたくさんのことを経験することが大切なんですね。

ご興味のある方は、是非荻野塗料鎌倉大町のお店へお問い合わせください。

荻野塗料株式会社 Paint&Color Plaza
神奈川県鎌倉市大町1-1-15
TEL 0467-22-1456

お施主様にお知らせです!

今朝は、雪もちらついて寒い1日のスタートです。
こうなると、なかなかベッドから出られない。
ついグズグズして時間がなくなり、朝食を食べられませんでした(汗)
そんな今朝は、会社で甘い紅茶を頂いてます。

先日、親友が家に遊びに来てくれた際、頂いた美味しい紅茶&はちみつ
今日は、HARNEY&SONSのホットシナモンスパイスで。
シナモンとクローブ、オレンジの皮がよく効いて、ちょっと体も温まります。
ほんのり甘い紅茶とクッキーで、今朝も元気よくお仕事開始!

さて、今日は皆様にお知らせです。
改めて意識確認という意味で、こんな話題を取り上げてみますね。
是非、ご覧になってください。

「消費生活製品安全法」というものが、2009年4月から施行されていて
主に、長期間使用していて安全性が損なわれていく商品に関して「長期使用製品安全点検制度」
が設けられました。
ご存知でしたか?

お客様自らが、自主的に各メーカーに登録をして頂き、
時期がきたら点検期間を知らせしてくれたり、有償ではありますが、点検実施しているようです。
その製品に不具合が起きた場合には、案内もくるということで、
このような情報を得るためにも、是非ご登録をお勧めいたします。

経年劣化により、重大な事故が起きる前に防げることが出来るのは、やはり所有者の意識も大切
ということですね。

対象商品は、技拓のお客様では、食洗機は対象品です。
その他、電気式の浴室暖房乾燥機など一部ご使用です。
参考にパナソニックミーレのHPをご覧くださいね。 

春先には、今一度全棟のお客様を対象に、お知らせを出す予定でおりますが、こちらを愛読していただいている
お施主様には、是非早めのご登録をお勧めいたします。

また、万が一火事が起きた場合に備えて、やはりボヤの時点で消し止めることがもっとも重要ですよね。
現在、火災報知器の設置は義務化され、すでに新築物件では全棟設置がされておりますが、
義務化以前にお建てになったお施主様の場合、自主的に設置していただかなくてはなりません。

既存住宅については各市町村条例により、
平成20年6月1日~平成23年6月1日の間で設置義務化の期日が決められています。
まだ、万が一設置をされていないお施主様がありましたら、設置のほどよろしくお願いいたします。
ホームセンターなどで購入できますし、設置も簡単ですが、
ご高齢であったり、買いに行くことが困難なお施主様などは、
技拓にご連絡いただけましたら、設置をいたしますので、
お気軽にご連絡くださいね。

こんなサイトもありましたので、ご参考まで。
住宅防火関係

とにかく今、とても空気も乾燥していますし、雨もあまり降りません。
万が一に備えて、安全についてもう一度考えてみませんか?

今後、お客様にとって大切な情報は、いろいろな形でお知らせできればと思っております。
大切な家をより良くより長く、愛着をもって住んでいただけるよう
私たちもサポートしていきたいと思っていますので、
よろしくお願いいたします!

高圧洗浄機で試してみました

おはようございます!
今朝は、一気に冷え込みましたねぇ~
底冷えがする朝、目覚ましが鳴っても思わずベッドから出るのをためらうほど。
いよいよ、動物たちが朝方、布団の中に潜り込む季節がやってきましたぁ~

といっても、日中の気温はさほどでもない。
昨日は、歩いていると汗が出てくるほどでしたので、今のうちに今年のデッキ掃除なんか
済ませてみるのはいかがでしょうか?

先日、スタッフが自宅用に高圧洗浄機「ケルヒャー」を購入したのでと、
会社に持ってきてくれました。

効果があれば、会社も1台購入したいと思っていたからです。
ドイツのトップメイカー、ケルヒャーの高圧洗浄機
これで、会社のデッキ掃除、実験開始!

ホースを直結して、掃除をしてみると
落ちます!ここ1年ほど高圧洗浄をしていなかったので、周りには苔のような匂いが・・・

乾いてから、やったところとやっていないところの差を見てみました。
わかりますか?
外壁も使用前後がこんなにはっきりと。

経年の色の変化を楽しみたい方は、もちろんお勧めしませんが、
いつまでも綺麗な米杉の色を楽しみたい方は、この通りです。
※ただし、使用後また徐々に色が変化していきます

テラコッタや鉢も、綺麗になります。

以前は、業務用の高圧洗浄機を使ってご紹介したので、一般家庭のお施主様には、
なかなか活用していただけないと思っていました。

このケルヒャーならお値段も4万弱。
デッキを長持ちさせるためにも、いいかもしれませんよ。
ただし、綺麗になるのがうれしくって、始めてしまうと外壁も全部やりたくなってくる!
そうなると大変な労力と、水道代(汗)
加減のいいところで活用してみるのは、いかがでしょうか?(笑)

排水管や雨樋、つまりの意外な原因

昨日よりは湿度が低いのかな?
それでも、ちょっと外に出るだけで汗が出るようになってきました。
これで梅雨が明ければ、本格的な夏の始まりです。
もう9時半を過ぎると、犬の散歩も厳しくなってきたし、
そろそろ私の自家製カキ氷シロップも、登場かもしれません!

さて、今日はたまに頂くお問い合わせについて、皆様にもご報告です。

築8年から10年くらいのお施主様より、排水管や雨樋のつまりに対する
お問い合わせをいただくことがあります。
調査に行って、原因としてもっともあげられたのが、実は「根っこ」なんです。

根っこが管の中で成長して伸びたり、大きくなったりすることで、水のはけが悪くなり、
そこへトイレの汚物やトイレットペーパーがひっかかったり、
雨樋の場合には、樋のコーナーにマツバや落ち葉もつまったりして、
オーバーフローを起こしたりすることが多いのです。

この梅雨の時期は、特に注意なさってください。
以前、トイレの詰まりで呼ばれて行った際は、汚物から養分をたっぷり吸い込んだ根っこが
巨大化していたことがありました。
また、2階デッキの排水・雨樋を詰まらせると、それこそオーバフローが雨漏りの原因になることも。

根っこやデッキのスノコ下の落ち葉など、最低でも年に1度は点検が必要です。
うすい枡、おすい枡の中にも、根っこがあることがあります。

これは開けるのもそんなに難しくないので、場所だけでも確認しておいてくださいね。
そして、根っこを見つけたら、早めに切るのが大切です。
大型犬などを飼われているお宅は、意外にスノコの下に犬の毛が溜まっていることもあります。
松の木が近くにあるお宅は、これも要注意。

快適に暮らしていただくためには、やはり住まい手によるメンテナンスが欠かせません。
私たちは、そのお手伝いをすることは出来ますが、まずは住んでいらっしゃる方々の
手のかけ方で、家は長くももつし、傷みも進みます。
特に技拓の家のように、木の家に関しては、早めのお手入れが大切です。
そのために、家に関するどんな小さなことでも、まずはご相談いただければと思っています。

お手入れ方法など、どんな些細なことも結構ですので、
疑問に思ったことなどなんでも、お気軽にお声をおかけくださいね。

米杉の外部階段

今日で8月も終わりだからなのか、明日から学校が始まるからなのか
なんとなく、海岸線の人出が少ないように感じた午前中。
湘南のシーズンは、ピークが過ぎました。
また、静かな海に戻れば、ゆっくりと犬の散歩を楽しめる地元の海に。

と言っても、今年は9月に入っても猛暑が続くということで、
そろそろ疲れの方は、ピークに来る頃ですね。
暑さだけでなく、冷房による体の冷えいわゆる「夏冷え」により、内臓も疲れきっていることと思います。
今朝、テレビで薬膳のことをやっていたのですが、
甘い食材は胃に優しいということで、栗やかぼちゃ・サツマイモなどの食材を混ぜた
元気を補う食材で食事を摂り、体を整える努力をしたいものですね。

さて、今日は前回に引き続き、ちょっとメンテナンスのお話です。
お客様には米杉で作ったデッキや外部階段等は、
コストが手頃なかわりに約10年を目安にお考え下さいと
お伝えしています。
ただ環境によっては5年~7年ほどでダメになってしまうケースもあります。
今、スタッフがお施主様のお宅を順次訪問し、デッキのメンテナンスなどについて
お話させていただいていますが、
米杉のデッキ、米杉の構造で作った外部階段は
早めの改修を心がけてくださいね。

たとえば見た目は、「まだ大丈夫」と思っても

案外、主要構造部(階段の骨組み)の痛みが進んでいる場合があります。

特に、家への導線の重要な場所は
ある日突然、階段の段板が乗った瞬間に脱落する可能性があります。
お施主様が直せる範囲と
大々的に、大工によって直さないといけない範囲とあります。

日ごろから、痛み具合などをチャックして
早めの対応を宜しくお願いします。
前兆として、足を乗せたときに軽いぐらつきというかバウンド
を感じる等の兆候があるはずです。
これは、段を受けた下地が痛んでいる可能性がありますので、
この時点でメンテを行えば、怪我などに繋がる心配がありませんね。
まずは、作って5年したら段板(足を乗せる部分)を裏返すなどのメンテを行い、
下地の痛み具合を確認するのもいいかもしれませんね。

もちろんデッキに使う材料は、色々あります。
イペ・ジャラ・セランガンバツなど材料もさまざま。そのかわり、お値段ももちろんさまざま。
どれを選ぶかは、予算や今後の計画などを考えて、決めていきたいところですので、
まずは、スタッフにご相談くださいね。

米杉の外壁の大切なお話

水筒を購入してからというもの、この夏、梅シロップを水で割って
持ち歩いています。

THEMOSのこのスリムな水筒。大変重宝しています。
水筒の便利さを知ると、もう手放せないですね。
いつでも、冷たい水分が補給できるし、外出時にペットボトルを買う必要もない。
スタバでも、ショートサイズならこの水筒にも入るし、なんてったてスリムで持ち運びに
面倒じゃない。
エコで節約で、好きなものがいつでも飲めるというわけですね。

さて今回のお話は、メンテナンスのお話です。
先日技拓のお客様より、このような相談を受けました。

近所の塗装工事に入っていた業者の方から、
「奥さん、お宅の木の外壁、このままにしておくと腐って大変な事になりますよ」などと・・・
塗装をしないなんて「非常識」であるかのような内容。
専門用語や、不安になることを羅列し、
技拓では大丈夫って言ってたけど、なんだか不安だわ。
本当に大丈夫ですか?

もしもそんな事を言われ、不安を感じたら
まずは、その場では即答せずに、お断りくださいね。
そして、不安はそのままにせずに、技拓にお話ください。

外回りの塗装業者の中には、常識的にお仕事をされている業者は
たくさんいます。
でも中には、いわゆる「悪徳」と言われる業者がいるのもまた事実です。
我々は、ご相談を受けたからといって、無用な塗装などはお勧めしません。

外回りの塗装業者によって着色をしたが、適正な塗料でなかったため、
5年ほどでこのような状態になってしまったケース。

外壁の表面の塗装も剥がすも、米杉自体の腐れを促してしまい、米杉を交換しなければ
いけなくなりました。
木が呼吸が出来ずに、腐ってしまったのです。
そのため、米杉を交換し、再度オイルステインで塗装しました。

全ての外回りの塗装業者を「悪」として見てはほしくないのです。
が、私たちは、米杉の外壁を長く愛し、自信を持ってお客様へお勧めしていますから、
どうぞ安心してください。
「無塗装の米杉の外壁」の家は、技拓第1号の家として、
35年間健在の建物があります。
時に、塗装をされたお宅もありますが、
枯れた色があまりお好きでないとか、ちょっと家に色で変化をつけたいとか、
そのような理由で、着色をされています。
ですから、着色が悪いわけではないということです。

但し、外壁の脱落や、腐れを発見したときには、その部分の交換が必要です。
木というものは、腐らない訳ではないので、塗装とは別の理由で、
痛んでくることもあるからです。
そのような場合は、そのまま放置せずに、ご連絡くださいね。

技拓の家で、白と木のコンビネーションで施工をされた方は、
白い部分を指で擦ってみて、指先に白い粉状がついたら、塗装の時期。
そろそろ外壁の塗装をお考え下さい。
併せて、屋根のコロニアルや、板金葺きの屋根、または外部の鉄製の手すりや、
工作物で錆がでてきたら、そちらも塗装の時期になります。
不安を感じたら、まずご相談くださいね。

家は、メンテナンスが必須です。
メンテナンスフリーの家は、ありえません。
「おかしいな」と思ったら、酷くなる前にまずはご相談を。
費用がかかりすぎるまたは、手遅れになる前に発見して、直すことが大切です。
お施主様に、無用な工事をお勧めすることも無いので、なんでもご相談いただければと思います。
どうぞ、家を長持ちさせる上手な住まいを続けてくださいね。

では、次回もお楽しみに♪

夏の恒例行事

昨日の夜は、寝苦しいほど暑かったように思います。
特に私の寝室は、東を向いているので、この時期はお日様が昇れば
一気に室内の温度が上昇です。

さて、こんな暑い毎日。
毎年、業者さんの慰労会としてBBQを催していますが、今年は今週末。
ならばその前に、今日は一仕事!
オフィスにあるデッキの大掃除です。

ポリッシャーを使って、1年分の汚れや苔などを落とします。
すると、色も綺麗になるし、デッキを長くもたせる秘訣。
気持ちよくBBQパーティーが出来るので、毎年慰労会の前に
お掃除をしています。

そして、もうすぐ夏休み。
慰労会が終わったら、夏休みに入る前に、フローリングのクリーニングが待ってるぞ。
オスモのウォッシュ&ケアで、床の汚れも綺麗に取って
また、盆明けから頑張るのです(笑)

技拓の夏休みは、8/10(火)~8/18(水)とさせていただきますので、
どうぞ宜しくお願いします。