注文住宅の技拓株式会社

NEWS

HAZAI PROJECTの取り組み


桜の花も、昨日の雨とともに散り始め
と同時に、若芽が吹き出してまた一味違った桜を味わっています。
今年は、花のもちがよくて、2週間以上も楽しませてくれました。
今日来ていただいたお客様までは、どうにか鎌倉山の桜並木を
眺めて頂け、お打合せも雰囲気のいい中で行うことができたようです。
やっぱり、春はいいものです。

さて、端材を使った取り組みについて、ブログにも書きました。
前回は、デッキ用の椅子をご紹介しましたね。

今回は、キッチンに置いたら可愛い『Vegetable Box』を制作。

ちゃんと、重ねられるようにしてみました。

大きさも2種類作ってみました。

すべて端材のウェスタンレッドシダー。贅沢でしょ?

この材はたくさん出るものではありませんので、
出た時にきちっと保管して、貯めておきたいと思います。

この作業中に出た木端。

「何かに使えない?」自然とそんな会話が出てきて、
「デッキって雨が降った後すごくいい香りがするよね」なんて誰かが言いだし、
「じゃあアロマポットに水を入れて焚いてみたらどうなんだろう?」ということで、やってみました!

しばらくして、会社に戻ってきたスタッフが「米杉ーのいい香りがするねぇ~」って!
やっぱりそうだ! 香るんですね。
今、会社では、ちょっとしたブームになって、毎日アロマポットで森林浴!

またこれも端材で作ってみました。
防虫、消臭効果のあるレッドシダーをハンガーに引掛けて、クローゼットへ!
大手の会社でも製品がありますよね。それを端材で作る取り組みです。

少しずつ時間を作って、端材がたまるとこうして制作してます。
ある程度出来たところで、ガレージセールしたいなと思ってます!
その時は、告知しますねぇ~

こんな取組から、技拓が使っているウェスタンレッドシダー(通称 米杉)の良さを
色々な方々に広く知っていただけたらと思っています。

以前、全薬工業株式会社研究所にお願いをして、米杉精油成分に関する分析を
して頂いたことがあります。
この米杉精油の成分は、約50種の成分から成る複雑な混合物であることが判明。
その中の含量の高い4つの成分中に、ヒノキチオールというのがあります。
これは、カビや細菌の増殖を抑制する性質を示し、特に抗カビ活性は比較に用いた
クロトリマゾールに匹敵するものであることが、明らかになりました。
研究の結果として、米杉(ウェスタンレッドシダー)が、
微生物による腐食に耐え、また病原性の細菌やカビの増殖を抑制する
作用を有することを示唆しており、建材として好ましい性質であるとおっしゃって頂けました。

このような優れた材を家に使用し、現場で出た端材を加工して再利用する取り組みを
私たちスタッフは、とても大切にしています。
これからもずっと、レッドシダーと共に、家づくりを考えていきたいと考えています。