注文住宅の技拓株式会社

NEWS

白露 秋の七草 

気がつけば、9月に入ってもう半ば!
驚くほどのスピードで、毎日が過ぎています。
残暑が厳しく、今日も日中の最高気温が東京で33℃とは!
でも、やはりもう初秋。朝晩の涼しさが気持ちよく、実りの季節を感じる
食材の話題がちらほら出てきました。

9/7ごろ~9/21ごろを暦で、白露というそうです。
大気が冷えてきて露を結ぶころのこと、ようやく残暑が引いていき、
本格的な秋が訪れるとされていますが、今年は特に東日本で残暑が厳しいようです。
九州のお友達は、もう夏の暑さは消えて気持ちがいいお天気だと教えてくれました。

白露と言えば、「秋の七草」

秋の七草といえば、万葉集で山上憶良が歌った
「秋の野に咲きたる花を指折り
        かき数ふれば七種の花」

素敵な歌ですよね。光景が目に浮かびます。

七草のひとつ、葛が我が家のデッキからも楽しめます。
お隣の空き地からひょっこり顔を出す、可愛らしい紫の花。
春先には、枯れた葛のツルでカゴを作ることができます。

技拓にカゴを編むのが上手なスタッフがいるので、来年こそは教えてもらおう~
春先に採った葛のツルをそのままにしてしまったら、乾燥が進み柔軟性がなくなり折れてしまうとか。
昨日、スタッフが言ってましたっけ。
カゴ好きの私としては、やっぱり自分で作れるようになれたら、本当に嬉しいことです。
彼女も、今度は野菜カゴを作るそうですよ。

カゴは実用性は然る事ながら、インテリアとしても活用の幅が広いですね。
和風の籠、南方のカゴ、アフリカ系、洗礼されたスタイリッシュなものなど、
キッチンやパントリー、ウォークインクローゼット、洗面室などなど
小物の整理を上手にしていらっしゃるお施主様も、たくさんいらっしゃいますね。
技拓の家は、天井のパネリングに床の無垢材、そして白い壁。
この空間には、やはり自然素材でできたカゴは、特に馴染みますよ。

今日は、葛のお話しでした。次回をお楽しみに♪

——–gitaku 通信————–

9月のお知らせ

9/15(土) 9/16(日) は家づくり定期相談会。
10:00~16:00 予約制 
詳しくは、技拓のHPにて。

9/29(土) 「湘南に住もうの会」主宰 湘南の家づくりを考えるセミナー。
※今月は第5週目
13:00~    
1人~4人の少人数制のセミナー。予約制
「家を建てる計画はまだないけれど、家づくりってどんなことを考えればいいの?」
そんな小さな疑問があったら、是非ご参加くださいね。
会のHP、予約フォームからお申込みください。