注文住宅の技拓株式会社

NEWS

北欧家具talo


急に暖かくなった今週。
オフィスの前のハクモクレンが一気に咲き出しました。
ほぼ満開に近いのですが、今日はこれから嵐・・・
せっかく咲いたお花が、この強風で散らないといいなぁ~

今日で3月も終わり。
たくさんの会社も決算を迎えて、昨日はバタバタしたんじゃないかしら?
いよいよ明日からは新年度スタートです!
さて、来期はどんな楽しい仕事が待っているのか、楽しみです!


今日は、先日訪ねてきた「北欧家具talo」のご紹介。
すでに知っている方も大勢いらっしゃると思いますが、技拓の家にはよく合う北欧家具を
お探しのお施主様にも、是非ご紹介したいと思い、今回お知らせします。
ほとんどがフィンランド産・デンマーク産・スウェーデン製のアンティーク家具。

今回は、仕入れた商品もだいぶ売約済みということで、少なくなっていましたが
また4月に買い付けに行くとのことで、6月か7月あたりには、商品が揃っているのでは?

倉庫の方で、気に入った家具を見つけたら、そこから修理やクリーニングをしてくれて
1~2週間でお手元に!
こちらで買った椅子などの生地の貼り換えなども、もちろんやってくれるそうです。
店舗の中には、北欧の本を閲覧できる図書室も!

ラフな作りがかわいいですよね。
今回、私も購入したフィンランド製のトラースマッタは、現在20%OFF!

では、トラースマッタとは何でしょう?taloのHPから引用しました。

スウェーデンやフィンランドで作られる
伝統的な裂き織りマットをtrasmatta(トラースマッタ)と呼ばれています。
Tras とは、スウェーデン語で「端切れ 使用済みの布」という意味です。
材料は、使わなくなったシーツや衣類などを、細く紐状に裂いたものが中心です。
「大きな布は、一部が傷んで使えなくなっても捨てるのはもったいない。」
こうして再利用し、綺麗なマットに生まれ変わります。
配色やサイズは様々で、ほとんどがハンドメイドの為同じものは一つとなく、
スウェーデンやフィンランドの家庭では、
廊下やキッチンに敷いて使われるのが定番となっている伝統的なマットです。

ということです。使用済みの端切れってところが、また素敵♪

オフィスでは、只今展示中のキッズファニチャー
「ripple mark designs」のコーナーに敷いてみました。

やっぱり、マット次第で、家具もイメージも変わりますね。
次は、自宅用に買ってこよう~♪

他にも可愛らしい自転車やランプなどインテリアグッズなど
色々あるので、是非足をお運びください。
土日は混むようなので、平日はお勧めかも♪

<shop info>
神奈川県伊勢原市小稲葉2136-1
TEL: 0463-80-9700
OPEN:10:00~19:00
定休日:火曜日
店舗ご案内はこちら↓
アクセス