注文住宅の技拓株式会社

NEWS

フラット35S優遇金利延長へ

ここ数日、気温が30度あたりでしたので、何だか涼しくすら感じますね。
夜になると、北東の風でしょうか?
夜風に、少し秋の気配を感じるようにも思います。
暦では既に立秋も過ぎ、気がつけば8月ももう後半へ差し掛かっています。
そろそろ、夏の疲れが出てくることです。今から、体調を整える準備をしていきたいですね。

さて、数日前の新聞にも出ていましたが、
国土交通省が、住宅金融支援機構が扱っている住宅ローン「フラット35S」の金利優遇の
拡大措置の期限を、今年末から来年度末まで延長する方針を発表しましたね。

今、徐々にフラット35をお使いになる方が増えてきています。
特に、自営業をされていらっしゃる方にとって、心強い味方となる住宅ローン。
フラット35より1%幅引き下げる優遇策により、景気対策と優良住宅の普及を狙うためです。

省エネ性能や耐震性、バリアフリーなどの基準を満たす優良住宅であれば、
「35」の基準金利から1%幅低い金利で借りられるということで、注目を集めています。
今年2月から7月までの申請件数は、5万5422件ということで、前年同期の約4.7倍に
増加したそうです。
ここのところ、ニュースなどでも聞くように、景気減速感の強まりにより、年末打ち切りは、景気回復
にも大きな打撃になるのでは?ということで、方針が固まったようです。

「35S」は、全国の金融機関で扱っており、ローンの債権を支援機構が買い取るシステム。
基準となる「35」の8月の金利は、2.230~3.2%で、「35S」はこれより1%幅低い
金利で借りられるため、返済総額に大きな差がでるこの優遇措置の間に、
家づくりを考えられる方が増えているようですね。

今、技拓でも35Sの申請を受けたいとおっしゃるお客様も徐々に出てきました。
私達は、住まい’S DEPOまたは、ハウスデポなどの家づくり支援機関にも
加盟していますので、そういったサポートも充実させながら、
安心した家づくりをご提供できると思いますので、是非ご検討くださいね。

さて、今日と明日は家づくり相談会を開催中です。
ご興味のある方は、是非ご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます!