注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

関東は梅雨入りとなりました。

これからの室内は「カビ」の発生しやすくなります。
カビの菌は、空気中に必ず存在します。目の前に「カビが生えた」という現象が見えてくるのは、空気中の小さなカビ菌が根を張り繁殖をしていくと、見えてきます。黒カビだったりピンク色であったり。

カビが元気になる要因は、

①温度 20度~30度が適温
②湿度 65%以上
③栄養 ホコリ、フケ、皮脂、食品、石鹸カス 等

の3つが揃うと、どんどん増え広がっていきます。
まず、カビが根を下ろさないように、空気が動いていることが第一の予防の一つ。
次に、①~③がすべて揃わないように、すること。なかなか難しいですね。小さなカビが見えたら、まずは無水エタノールで表面の掃除をして、それ以上広がらないようにしましょう。塩素系は、場合によっては素材が変色をしてしまう事がありますから、注意が必要です。50度以上のお湯で拭くというのも良いようです。
壁や天井、床のカビで自分で手に負えなくなってしまったら、ご相談ください。お金はかかってしまいますが、専門職に改善をしてもらいましょう。

一覧に戻る