注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

技拓が気になる

技拓が気になる

 

土地探し中、不動産屋さんから技拓っぽい家を建てる工務店を、幾つか紹介されたそうです。話を聞いているうちに、

「であれば、一度、本家の技拓に行ってみよう」

となり、来社してくださいました。

雑誌やカタログから伝わってくるイメージから連想すると、

「おしゃれに作っているから、ハウスメーカーのような機能は無いかもね。屋内外に木を多用して、野暮ったくなく作ってくれるから、大きな期待はしないでいよう」と…そしてご夫婦で来社してくださいました。

熱心に技拓の話を聞くお客様。流行やおしゃれ感で素材を選んでいないことを、ご理解いただきました。それでも、冬暖かく、夏涼しい家という話は、半信半疑だったそうです。引っ越して住むまで。

夏に入る少し前にご入居。去年の夏も猛暑が続く中、

「暑くないんです。何かしました?(笑)」

とお話しくださいました。もちろん、暑さ、寒さの体感は人それぞれです。一概に全ての人に当てはまとは言えません。でも、

西日の侵入を極端に減らした事も、よかったのだと思います。

家具メーカーの「TRUCK」が好きで、すでに幾つか家具をお持ちです。また、今回オーダーした「Atelier key-men」のタオルバーやアクセサリー類。その家具や小物が生える様に、室内はあまり派手で極端な事をしない、を提案していきました。

奥様が料理好きなので、キッチンの長さは、3m50㎝。漆器や食洗機不可の食器をお持ちで、食洗機は付けず。その代りシンクは広く巾1m。ステンレス一体のシンクなので、隙間の掃除は気にすることはありません。このサイズのカウンター、現場納品はそれはそれは、大変だったようです。監督さん、職人さんありがとうございます。収納は、冷蔵庫も隠してしまうほどの長く奥行きゆったりの収納。こちらは3m60㎝の収納力。

楽しく料理をされ、ご主人も食事の度に弾む会話が想像できます。ウェルカムパーティーにお誘いいただき、その腕前を披露していただき、家を造ってきた冥利に尽きます。

敷地裏は、ご主人の遊びのスペース。北側ですが、巾があるため陽も当たります。完全にプライベートな空間。本当なら室内に設けたかった部分なのですが、ここはここでとても快適だと思います。椅子を置いて、海仲間と語らうも良しと思います。

ご近所さんなので、また遊びに行かせてください。今度は、奥様の焼きたてパンが食べたいデス。

一覧に戻る