注文住宅の技拓株式会社

STAFF BLOG

味覚を長く楽しむ保存瓶WECK

先日の台風で、大きな被害が出てしまいました。
まだ行方不明の方もいらっしゃる中で、またしても同じ進路を予想される大型台風が
近づいていて、本当に心配ですね。
被害に遭われた方にお見舞いを申し上げるとともに、
2次被害が出ないようお祈り申し上げます。

さて、本日も寒い1日のスタートです。
こう急に寒くなると、家に居たくなってしまう。
ならば、こういう時こそ家を愉しみたいものです!
秋といえば「実りの秋」。
美味しい食材がたくさん出回る時期ですね。
その旬の味を長く楽しめる方法といえば、やはり保存食として加工すること。
weck book
私がとても気に入っているドイツのWECKは、100年以上も歴史がある保存瓶。
リサイクルガラスを使用したうす緑色のガラス容器で、日本はなんと大正時代から
輸入されて使われてきたそうですよ。
プラスティック容器と違って、洗いやすく、匂いが付きにくい。
スタッキングもできるし、蓋やクリップを使いまわし、
耐熱性もあり丈夫なので、本当に重宝します。
こちらは、そのまま保存瓶にして数日で食べてしまってもいいのですが、
真空状態にして、常温で3か月から半年保存を可能にしてくれます。
そんな素敵な保存瓶があるんだから、これは旬の食材を加工しない手はありませんよ!
ということで、私もやってみました♪
パプリカのオイル漬け
パプリカのオイル漬け パプリカオイル漬け1 パプリカのオイル漬け2
玉ねぎソース
玉ねぎソース 玉ねぎソース2 玉ねぎソース1
おかずキノコ(和風)
キノコ おかずキノコ 
りんごのコンポート
リンゴのコンポート1りんごのコンポート

私は今回大きな瓶に入れていますが、これをもっと小さなビンに小分けして、
脱気をすればより長持ちさせることができます。
出かけるのが億劫な日ほど、
この時期の一番おいしい食材を、冬になってもじっくり味わう準備
始めて見ませんか?

一覧に戻る