注文住宅の技拓株式会社

GITAKU BLOG

< 一覧に戻る

真鶴オリーブ園との出逢い

去年の夏ごろでしょうか。
長いお付き合いの方から、「ついに土地が見つかりました!これで私もようやく農家の仲間入りです」
というお電話がかかってきました。
長年、東京の根津で育て続けたオリーブの木々の移住先をみつけたのです。
場所は、真鶴。真鶴駅から5分という素晴らしい立地。
私がランドスケープや、アグリツーリズムの話を熱心に語っていたことを
覚えていてくださり、ワクワクする企画をもって、オフィスにいらしてくださいました。

もともとミカン畑だった2700坪の農地が、オリーブ園へと生まれ変わります。

前の持ち主が大切に育てたミカンも残しつつ、根津で20年育てられたオリーブや
新しく、クラウドファンディングにより植えられる苗木など
千年先を見つめての大プロジェクト。
オーナー曰く、「これは僕のサグラダファミリアですよ!」というように、
本当に壮大なプロジェクトの始まりです。


12月にはミカン狩りのお手伝いにも、行ってきました。

オリーブ園?ミカン狩り?農業?? 技拓はなにをするの?
お答えします!

わたしたちは、このオーナー(レザルク代表牛山氏)のオリーブ園の建屋を担当いたします。
そして、もちろん未来永劫この地でオリーブが育つように、
わたしたち技拓スタッフも、微力ながらも
できるかぎり長くお手伝いをしつつ、一緒に楽しみつつ、
真鶴という土地で愛されるオリーブ園に、成長してほしいと願っています。

年末は道路をつくり、一部伐根のために工事部もお手伝い。
5月には、受粉の時期に蜂の邪魔をしないよう、一度工事をストップして、秋までには
建屋を完成させたいと思い、今準備を進めているところです。
まだまだスタートラインに立とうとしている農園ですが、
真鶴オリーブ園のサイトがありますので、ぜひのぞいてみてください。
今後の成長を技拓のサイトでも、追いかけてレポートしていきますので、
こちらもお楽しみに。

同じカテゴリーの記事